たぬきの里の木の葉通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 【今更シリーズ・・】アルピコ交通(松本電鉄)に乗る

<<   作成日時 : 2016/11/20 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お久しぶりでございます。
前回が残暑厳しい折の更新でした。そこから、あらら3か月が経過してしまいました・・・
鉄活動はしていたのですが、所謂本業多忙って奴で更新まで手が回らなかったという言い訳の嵐ですねー
なぜか、勤務する会社の人からも「最近どしたの?」などと連絡が入る始末♪
と、いうことで久しぶりにキーボードを叩いたわけです、ハイ。

始めるなら何がいいかなぁ、と考えましたが、時事ネタは最近余り興味がないので、少し遅れながら話題を書き込んでみようかと。ならば、最近に追い付くまでのネタでいってみますね。

と、云うことで松本駅で上高地線電車一日フリー乗車券を買ってホームに戻ります。
画像

それだけの為に降りた松本駅・・・

切符はバスセンターで買い求めますが、さすが登山シーズン!上高地方面へ向かう人がわんさかいらっしゃいました。その方々をかき分けて「す、すんません、電車のフリーきっぷ下さい・・」と明らかに場違いな感じ。

でも、これを買わなきゃ話にならないので。

と、無事購入できて再び松本駅構内へ戻ります。

早速ホームへ向かうと、

画像

ラッピング電車

最近のお約束ですねー 淵東 なぎさちゃんと云うそうです。
淵東はエンドウと読みます。終点新島々の一つ手前の駅から頂いているそうです。

画像

さて、この電車は元京王井の頭線3000系です。譲渡されて2連となり同じ3000系を名乗っています。
愛称も「なぎさトレイン」・・・まぁ、いいんぢゃないですか。
この時は数本の電車が車掌ならぬ観光案内ガイドが同乗して沿線などについてお話してくれるサービスがありました。まさにこれがそうでした。(観光案内電車)

車内は終点新島々をめざす登山客で結構混んでました。我々は一番後に陣取り、のんびり終点を目指します。
運転室背後には、

画像

ここにもなぎさちゃん

あ、社名ですが、現在は「アルピコ交通」が正式です。旧社名が松本電鉄ですので。

さて、折角なので運転台を。

画像

T型ワンハンドル♪

元々はツーハンドルでしたが、譲渡時に改造されたのですね。調べたら元京王6000系のだとか。
電流計をみたら0が12時方向だったので「あぁ、回生制動なんだぁ」とおもってたら、全く回生せず???
こちらも後で調べたらその機能はカットしてしまったようです。

などと観察しながら後方展望に努めます。

画像

松本行きと交換

どこぞの駅だか忘れました。

画像

とある駅で・・・

いい雰囲気ですねぇ。
さて、30分程の乗車で終点新島々へ到着します。殆どの方は駅前のバス乗り場へ足早に向かいます。
ここからも上高地方面へのバスが接続しているのです。しかしブームとはいえ、凄い人数でしたね。
こちらはホーム内で観察です♪

画像

2本並び

1本が留置されていました。

画像

引上げ線へ

なぎさトレインは一旦奥へ引き上げてしまいました。
こちらはトイレ等を済ませてやることもないのでホームへ戻ります。

画像

帰りはこちらです

このように構内踏切で正面からの写真を撮れるっていいですよね。

別アングルから、

画像

松本行きも結構乗客がいます

上高地で宿泊した方ですかね?

さて、このまま松本へ戻るだけではつまらないし、途中で目を付けた場所に途中下車します。

画像

新村旧駅舎

なかなかいいですよね。この右脇に新しい駅舎が建っています。
ここは車庫と検修施設がある駅です。少ないですが、保存車両もあるので降り立った訳です。

まずは、

画像

おぉっ、青ガエル様

数年前、熊本まで乗りにいきましたなー
現在廃車後の2両が元東急カラーとなって保存されており、年に何回か公開もされています。

その脇には、
画像

うーん、、、、

怪しげな木造貨車がありました。倉庫になっているんでしょう。

画像

テ968の説明

以前はこちらに保管されていたのですが、現在は大宮の鉄博へ寄贈されました。日本で一番古い電車ということなので、今度じっくりと観察に行ってみましょう。

駅構内に目を向けると、

画像

軌道車?

懐かしいダイハツハイゼットです。貨車の上に乗っていますが、軌道を走るためなのか、自走式工事車なのかはわかりませんでした。でも、こいつが動くところを見たら楽しそうですねー♪

画像

ED30

既に廃車となっていますが、何やら修理をしている感じでした。

画像

奥には3000系が

手前にEDがあるということは、構内は行ったり来たりしてくれるんですかね。

旧駅舎内は過去の表示板等が展示されていました。

画像

警報器故障中って・・・

しかし、どれも味わい深いです。
残念ながら中には入れませんので。(外から見ることはできます)

さて、これくらいで松本方面に戻りますか。

画像

のんびりとやってきます

でも、ちょっと気になる場所があったので途中下車。

画像

信濃荒井

この先に川を渡る橋梁があります。

画像

2両なら収まります

と、満足したところで松本駅へ帰りつきました。

帰りは257系あずさにします。始発なので自由席でOK♪
でも、時間があるので駅構内から周辺を観察しましょう。

画像

E127系

こちらは大糸線の車両です。

画像

跨線橋から

E351やら211やらがいます。右奥の庫にはE353もいました。

画像

あら313系も

中央西線からもやってくるので、東海の車両も当たり前に見ることができます。
ならば、

画像

383系しなの

名古屋以外で見るのは初めてかも・・・・(呆)

振りかえると、

画像

E257との並びも

「東」と「東海」の車両が恒常的に顔を合わせるってのもいいですね。
留置線には、

画像

185系も

これは熱海や三島でもみれそうですが、松本で見るってのがいい感じですねぇ。

画像

露出があってませんが・・

強引な松本並び♪

と、撮影しているとそろそろあずさちゃんの出発が近づいてきました。
お昼も回っていたので、

画像

お弁当と飲料♪?

ダメ人間化して帰ってきました。

いやぁ、でも松本って乗り倒すと距離がありますね。足を延ばすなら一泊したほうがゆったりと回れるんでしょうね。
これからは雪も降るので多分訪れることはないと思いますが・・・

以上、さかのぼった夏の記録でした。
実はまださかのぼった「夏記録」はありますので、季節感ナシでまた紹介したいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【今更シリーズ・・】アルピコ交通(松本電鉄)に乗る たぬきの里の木の葉通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる