たぬきの里の木の葉通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 完成品手入れ【デティールアップ】

<<   作成日時 : 2017/05/06 20:16   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。
GW真っ盛りですね。こちらもカレンダー通りですが、休日がしっかりとありました♪
一日は外出しましたが、あとはのんびりとデスク作業に特化していました。

さて、結構完成品の弄りを今までも行ってきましたが、その作業工程をアップしてみようかと思い立ち・・

画像

マイクロエース西武3000系

発売時期は結構前でしたね。最近も根気よく探せば最終製品が売れ残っていたりしますねー

さて、こちらのデティールアップ作業を行いました。
作業は3点、
・ドア戸当りゴムスミ入れ、乗務員扉枠スミ入れ
・室内灯取り付け
・方向幕ステッカー貼り付け
です。

室内灯とステッカー貼り付けは別に紹介することもなかろうかと・・・
スミ入れ作業を簡単にアップしてみましょう。

まずは比較を。

画像

わかりますかー?・・・

上のクハ3016は作業完了後、下のクハ3015は作業前です。
客ドアの黒は結構引き立つ感じです。乗務員扉は色も薄いのでこんな感じですかね。

スミ入れ作業は、

画像

スミ入れペン2種

上がウォームグレー、下がブラック。これで行っています。

あ、スミ入れですが、あくまでも自己責任でお願いしますね。はみ出し過ぎて修復できなかったりしても責任はとれませんので。
あと、今回もふくめ作業対象の模型は、客ドア中心が凹んでいないと難しいです。最近のKATO製品などは印刷で表現されているものもあります。まだ、同社の西武101系は凹みが浅いのでこの作業には向かないと個人的に思っています。作業される方は事前にじっくりと製品を観察して行ったほうがいいでしょう。

あと、はみでた時の拭き取り用に先の尖った綿棒も用意しましょう。

さて、作業開始♪

ペン先を慎重に戸当りゴムの凹みの一番上に当てます。

画像

撮るのも大変♪

あまり力を込めると「ピシッ」と凹みからペン先がずれたりしますので、軽く合わせる感じで。

次はペンをほぼ垂直に立てて下まで1回凹みをなぞります。

画像

インクがのってませんが・・

このペン先は垂直だとインクがうまく出てこない感じです。
垂直に下したのは、下端部分を先に黒くするためです。下端から少しだけ上下にこするとインクが出てきました。
これで下端を黒くします。
その後はペンを手前斜めにします。こうするとインクがうまく出てきました。
斜めのままだと、下端がうまく塗れないのでこのような工程を行っています。

画像

ボケてますが・・

こんな感じで軽くこすります。
それが終わったら斜めのまま上端までペン先を動かします。一度でうまく塗れない場合は何回か往復させました。

画像

ゆっくりと動かしましょう

あと、作業するときはデスク等の上に模型を置いてもいいですが、自分はケースに入れたまま行います。
安定するのでこの方法が気にいっているだけですが・・

ああっ!

画像

はみ出たぁっ!

このように結構飛び出したりします。
しかし、模型塗料と違ってすぐに乾燥しないので、綿棒で拭き取ります。

画像

拭き取り後

拭き取りはまず大きなはみ出しを吹き取り、凹み部分は先でちょっとずつ軽く当てて落としました。
あまり派手にこすると凹みの部分も拭き取ってしまい、メンドクサクなりますのでご注意を。


さて、何回か往復させて完成です。

画像

あら、ムラがあるぢゃん。。

このあとサッとなぞっておきました。

乗務員扉回りはウォームグレーのペンでドア周囲を2回位なぞりました。

これだけでもグッと雰囲気は良くなります。
頑張って作業してみては如何ですか?

本当は無線アンテナも変えたいのですが、今回は色々と作業が立て込んでいるのでこれにて一旦オシマイです。

勇気を出して弄ってみませんか?ハマると面白いですよ〜♪
(失敗しても責任はとれませんのでご注意下さいませ)
ではでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
完成品手入れ【デティールアップ】 たぬきの里の木の葉通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる