たぬきの里の木の葉通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鉄コレ】西武351形走行化

<<   作成日時 : 2015/06/30 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは。
スッキリしない天気ですね。明日からは雨模様な日々がちと続きそうです。
そんなときは、模型を弄りましょう♪

掲題の鉄コレですが、発売は2009年9月・・・・もうそんなに経ってたんだ・・・というくらい過去のモノです。
当時は妄想ばかり膨らんでいたので数セット程おうちにあります。

折角なのではずみ?をつけるために次なる模型作業用として取り出してきました。

画像

こちらがパッケージ両面です

プロトは351Fで、クモハ351-サハ1314-クモハ352です。
時期は更新を受けた後の姿です。
更新は冷房車を投入できない多摩湖線国分寺口のこちらがあまりにも他線と比較すると古臭いので、ちょっと近代化改装を行ったものです。外見は窓のアルミサッシ化とヘッドライトのシールドビーム化、サハ車の運転台後扉の撤去とそれにともなう窓設置です。ここはウィンドシル、ヘッダーもないのでその片鱗を見て取ることができました。

さて、走行化ですが特に再塗装等するわけではなく、今回も一部パーツの取り付け程度で済ませました、が、やはり難関はやってくるのです(っていうか単に下手くそなだけでしょう)

今回の作業は、、
・走行化パーツの取り付け
・パンタグラフの交換
・無線アンテナ取り付け
・行先表示器取り付け
くらいとしました。

画像

銀河モデルの鉄コレパーツとステッカー

行先表示器は内側から折り曲げて接着するタイプです。
今回は「準急 国分寺」「準急 西武遊園地」をチョイス。実際に野球開催時に国分寺〜西武遊園地を走っていました。
裏側に1ミリ角プラ棒を二本接着して形を整えてから行先ステッカーを貼ります。そして表示器枠を合わせて接着です。全て両面テープで接着しました。

画像

準急札を貼った後です

より雰囲気を出すには前面窓をもう少し薄く削ったほうがいいのでしょうが、今回はそこはあっさりと諦めです。

無線アンテナは付属のパーツはちとしょぼいので、KATOのE851用分売パーツを使用します。
穴合わせに苦労しました・・・アンテナの根本をカッターナイフで削り、取り付け穴は0.7ミリで広げて押し込めました。少しグラついたので裏側からタミヤセメントを流しておきました。

さて、次はパンタグラフです。
そのまま取り付けると無線アンテナとモロに干渉して畳めないことが発覚・・・
屋根をみているとパンタ台が薄いモールドしかないことに気付きました。
「よし、すこし浮かせるためにやるかぁ」
と、0.2ミリプラ板を1.5ミリ幅で切り出し、たまたまあったぶどう色塗料で塗装して貼り付けました。

画像

ランナーに両面テープをつけて筆塗り

ちとボテってしまいました。

画像

乾燥後に接着

パンタはトミックスのPS16を使用しますので、裏から挿しこみ用の穴を開けます。接着して裏から開ければ位置調整がほぼ不要になり、横着ができます♪

その前に思い出したパーツがありました。
同じく銀河モデルのパーツに「床下引通管」なるパーツがあります。これは黄色い2本の空気管なのですが、西武の旧型車で、351形とクハ1411形、501系には見られたものです。
折角なので取り付けてみました。
取り付けはまたもや両面テープで床板側面に貼り付け。

画像

アクセントには十分です

位置はこのあと調整して配管だけが見えるようにひっこめました(^^;
ただ、台車上部に干渉しそうですねー
そのうちカーブを走らせてみましょう。

これでパンタグラフの載せて、

画像

完成♪

行先表示器の位置はビミョーですが割り切りました。

画像

なかなか可愛らしいですね

実車は萩山〜国分寺では結構乗りましたがあまり写真もありません。
引退イベントの頃は「鉄分」が冷めていたのでまったくなにもないのですが・・・
更新前のサハ車の元運転台位置の広々とした空間が印象に残っています。

保存車で元クモハ355が横瀬に登場当時の色に再現されて保存されています。
なんちゃってでその色の3連を作ってみても面白いかもしれませんね。

さてさて、お次は何を弄ってみましょうかね。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰してます。お元気ですか?
雨降りの日はじっくり模型弄りに最適ですね。

鉄コレ351系。良い感じに仕上げてますね。
このクルマは当時、家から一番近所で見れる電車でした。

準急西武遊園地は懐かしいですねえ。私も何度も遭遇した列車です。
吊り掛け17m車3両の準急は、まるで模型のようでしたね。

この種別札は本線時代の小ぶりのものではなく、
当時の本線で現役バリバリの101系や701系等と同様に新型の大きいものが奢られていて
運転席の種別札保管場所には急行、準急、快速やら
はたまた快速急行まで一式揃えて保管されてました。
結局ここで使用されたのは「準急」のみでしたが・・・

351系は私も何故か複数所有しております^^;
銀河のパーツ群も確かあったと思いますので、早速真似させてください。
特にパンタ台は参考にさせていただきますね。



私、この電車で当時はまだ存在していた一橋大学の小平校舎へ7科目もあった時代の共通一次試験を受けに行きました。

久米川車両
2015/07/01 12:54
久米川車両さん
お久しぶりです〜♪
いやいや、実はイベントで走らせたかったんですよね・・・しかし、相変わらずの泥縄作業で未完となってしまったのでして、ハイ。
素材は元々悪くないので、こちらは簡単なデティールアップと割り切りました。
パンタ台は今回は副産物みたいなモノですが、取り付けたら結構いいアクセントになりました。
側面の空気管もいい感じです。真鍮線で悪戦苦闘するよりもスッキリしましたし。

多摩湖線は国分寺駅改良まで351の天下でしたね。冷房車を入れても20m2連で収容力に問題がありましたしねー

まだ転がっている在庫はどう料理しましょうかね(呆)
また遊びにいらしてくださいませ。
いけさん(管理人)
2015/07/02 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
【鉄コレ】西武351形走行化 たぬきの里の木の葉通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる