たぬきの里の木の葉通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Sトレインを弄る】室内灯取り付けプラスα

<<   作成日時 : 2017/04/05 19:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは。
と、いうことで、意外と?売れ行きがいい見たいな西武40000系ですが、我が家にもやってきたことは前回の最後のとおりです。
新車デビューと同時発売というのは新たな試みと言えるかもしれません。
大体は「〇〇さよなら編成」というのが最近のトレンドですしね。

さて、KATOのこの製品、出来はいいですね。印刷も綺麗ですし。
ただ、折角やってきたのですから毎度の手入れをしないと勿体ない♪

といっても行先ステッカー類位しかなさそうですが、今回は室内灯取り付けと前からやってみたかったプラスα作業をしてみました。

画像

弄り倒し後の姿です(ちょっと光が透けてますが・・)

行先ステッカーは「Sトレイン 西武秩父」をチョイス。あと、左の車両、先頭部がやけに明るいですよね。
乗務員室灯を取り付けてみました。

室内灯はご覧の皆様を取り付けたことはあるかと思います。でも、乗務員室まで照らす製品はないですよね。折角車内の造形もしっかりしているのだから、ここも照らすと乗務員室環境もよくなるってもんで・・(呆)

用意したのは多分大宮イベントで買ってきた配線済みのチップLEDです。これを何とかして取り付ける訳です。
まずはバラしましょう♪

なお、あくまでも個人による作業ですので、皆様が作業を行う際はあくまでも自己責任でお願い致します。
多少分解して元通りに組める方でないとちょっとこの作業は厳しいと思います。

さて、床板をボディからはずします。

画像

このような具合です

そして座席部分を外します。画面左側の爪を軽く押しこんで外して行きます。右半分位の爪は少し押しこむようにしないと外れないので注意が必要です。

画像

集電板がこのようになっています

凸部分の下には菱形に折りこまれた集電板があります。これは床板裏側のONOFFスイッチになっているようです。この嵌めこみはこの状態からは出来ないので後述します。

チップLEDは乗務員室屋根となる部分に配置します。集電は集電板に直接ハンダ付けすることにしました。
そうなると床板に配線を通す穴を開ける必要があります。

画像

画像

こんな具合です

座席板には乗務員室との仕切りに窓穴があるのでそこを通します。床板の配線用穴はご覧の位置で開けました。この時点では配線のカットはしません。短すぎると修正が大変になるので・・・

配線は長すぎず短すぎずですが、いつもの通り現物合わせでやっつけました。
先に集電板にハンダを少し盛っておき、そこに線をハンダ付けします。

画像

見づらくてスミマセン・・・

これで配線は完了です。

画像

裏からだとこうなります

集電板を嵌めるのにちょっと苦労しますが、根気よく頑張れば何とかなります!え?だってこんな不器用な自分が出来たのですから^^;
で、頑張った結果が、

画像

こちらです

余計な配線はピンセットで座席板からつまんで出しておきます。ただ、結構室内灯を点灯すると目立ってしまいます・・要反省と改善。

と、これで床板と座席を元に戻します。この時点で点灯の確認はしておきました。進行方向で点灯したらちとハズカシイので。。

さて、菱形の集電板を入れないとなりません。これは装着しておかないと前灯と尾灯が点灯しないので要注意です。

画像

裏から見た状態です

下の台車のすぐ上あたりにスイッチ用の細長い穴や、周囲がなんか浮いた感じがしませんか?

画像

ばばーんっ!

こうなります。

チラッと集電板が見えると思いますが、写真左方向に菱形の集電板を挿しこんでいきます。挿しこむ際は向きを間違えないようにしましょう。

画像

この向きです

ちょっとがさつなイメージですが、これをピンセットで挟んで押しこみます。

苦労して挿しこんだら室内灯を取り付けます。
ボディを乗せる前にこちらも点灯確認を。

画像

点いた点いた♪

ちゃんと尾灯も点いてますね。よかったよかった〜

さぁ、ボディを嵌めます。
そして、

画像

おぉ〜っ

乗務員室内もモールドされているので結構雰囲気が良くなりますね。
アンテナが無くなってますが、分解しているときにどこかへ行ってしまったようです。が、その後見つかりました。
ちょっと抜けやすいようなので、作業する際はあらかじめ外しておくことをオススメします。

大きなヤマを越えたので、次はお気楽なパンタグラフ塗装です。
パンタ台が全て黄色いのでちょっとこれは・・ですね。

画像

左が色挿し後です

先日発売されたとれいんに屋根周りの写真があるので、それを参考にしながら銀色を塗りました。
ホーン先端はピンクにしちゃいました♪

これでもグッと締まりますね。

さて、線路に載せてみましょう。

画像

明るいですねー

上の車両が一番後になる状態です。乗務員室窓からの光がいい感じです。
写真はカメラの性能が良すぎるため、かなりオーバー気味になっていますが、見た目にはそんなにひどくないですよ。

ちなみに室内灯は所謂電球色にしました。乗務員室は白色なのでその差を出したかったのですが、結構引き立ってます。(自己満足)

折角なのでこちらと並べてみましょう♪

画像

先日のヒカリエと

実は、ヒカリエに当初取り付けた室内灯が電球色だったのです・・
要するに間違えて買ってしまった訳です。なので、今回白色を購入して交換したというのはナイショです。

床板の関係もあり、ちょっとその色の差異は分かり辛いかもしれませんが、見た目では差が感じられました。

画像

ヒカリエもやろうかなぁ・・・

と、少し手をかけてみました。
乗務員室灯は以前の大宮だったか浅草だったか模型市で展示しているのを拝見して「これはいいっ!」と感じました。最近は室内もよく作り込まれているので、ちょっと手をかけてあげると格段に雰囲気が良くなります。
ちょっと「自己責任で・・」と書きましたが、自分も最初は分解して元通りにならない事が多くありました。
それを何度か繰り返して仕組みを考えていったら、何とかなってきました。
あとはデジタルカメラ全盛なので、分解シーン毎に記録を取っておくといいかもしれません。

結構色んなLEDを購入しているので、まだまだやりたい事はあるんですがねー・・・
次は一体いつになるやらです、ハイ。

長々とご笑覧頂きまして有難うございました。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もう室内灯まで組み込んだんですか!
はやい!
我が家にはまだ40000自体が存在しません。
ヘッポコ出戻りモデラー
2017/04/15 19:23
モデラーさん
なかなかこいつは映えますよ。かと言って、すべての車両に付けるのは難儀ですがね・・・
こういった作業って地味に時間がかかるので、できる時に片付けておきたいです、ハイ。
いけさん(管理人)
2017/04/16 08:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Sトレインを弄る】室内灯取り付けプラスα たぬきの里の木の葉通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる